Global
one team
Award 2020

後援:新経済連盟

Message

2030年に644万人の人材不足が予想されている日本では、さまざまな現場において外国籍人材の活躍が広がっています。2009年から2019年の10年間に、外国籍人材を雇用している事業所は9万5千ヶ所から24万ヶ所へと、約2.5倍に増加しています。

外国籍の優秀な人材が日本の現場を支えている一方、「技能実習制度」などさまざまな事例が浮き彫りになり、日本における外国籍人材の動向が世界から注目を集めています。

そこで「Global one team Award」が発足しました。本取り組みにおいて、外国籍人材と「お互いの強みをうまく活かしている企業」「彼らの活躍によって特にパワーアップしているチーム」「ビザの面から心強いサポートを担う行政書士」にスポットライトを当てることで、今後も増えつつある外国籍人材雇用のロールモデルになってほしいと考えています。

あなたの現場を支える彼・彼女の活躍を、お聞かせください。

About

Global one team Award概要

審査員による書類選考を経て、受賞社を決定し11月17日(火)までに結果をお知らせします。総合部門優秀賞に選ばれたの5社のみ、12月2日(水)に予定されている「ファイナリストピッチ大会&受賞式」の場において5分間のショートピッチを披露、その中から最優秀賞を決定いたします。
当日はオンラインにてピッチの様子を生配信。外国籍人材の方々ならびに一般の観客の方々、メディア各社にもご参加いただきます。
※ショートピッチのテーマ・構成は対象社にのみ後日お知らせします。

審査員

表彰

総合部門

  • 最優秀賞 1社
  • 優秀賞 5社

特別部門

  • 中小企業部門賞 1社
  • 特定技能部門賞 1社
  • 行政書士部門賞 1社

その他

※受賞に至らなかった団体の方々も、もれなく当日オーディエンス・メディアに配布予定のイベントパンフレット(PDF)への掲載を無料で実施しますので、自社の取り組みを広く知ってもらいたい・外国籍人材へのPRを行いたい団体の方々はどなたでも奮ってご応募ください。

Entry

応募概要

応募受付

2020年9月24日(木)〜11月13日(金)

応募資格

外国籍の人材を雇用する企業団体(人数・団体規模は不問)または、入管業務を取り扱う行政書士事務所

審査基準

企業・団体
<基礎点>
  • 外国籍人材の受け入れ体制、制度の充実度(言語面・ビザのサポート、社会福祉面など)
<応用点>
  • 社内においていかに外国籍のメンバーが活躍しているか(組織全体の成長)
  • 彼/彼女にしかできない功績を残しているか(個人の成長)
  • 国籍による垣根のなさ(心の国境を無くす工夫)
行政書士
<基礎点>
  • 入管業務の割合や今後の意欲
<応用点>
  • 入管業務を開始した背景
  • 自身の業務内における入管業務の位置付け
  • 自主的な情報発信、外国籍の方々やコミュニティに対する貢献活動などがあれば

申込終了

Schedule

オンライン ファイナリストプレゼン大会・授賞式 | 12月2日(水)13:00〜15:00

13:00 開演 one visa代表 岡村アルベルト挨拶
13:10 ゲスト講演
13:30 ファイナリストプレゼンテーション
14:30 視聴者投票
14:45 授賞式
15:00 終了

これから日本で就職を考えている外国籍の方々、日本における外国籍人材、共生社会のこれからに興味があるという一般の方は、どなたでもオンラインでのイベント観覧が可能です。
「日本を代表する外国籍人材雇用のロールモデル」となるファイナリストの5社によるプレゼンテーションのほかに、グローバル化社会×デジタル申請をテーマにゲストの講演を予定しております。みなさんのオンライン投票による「オーディエンス賞」の選出もお見逃しなく。
参加者全員に限定のイベントパンフレットをプレゼントいたします。お気軽にご参加ください。

内閣官房 番号制度推進室 ゲストによる講演

「電子申請の未来 〜外国籍人材の増加とマイナポータルの活用〜」(仮)